元ニートが[楽な仕事の見つけ方]を独断と偏見で解説します

仕事がつらい、仕事に行きたくない、自分に向いてる仕事が分からない

と思っている人!!!

楽な仕事を探すことを諦める必要はありません!

自分に合った仕事は必ずあります!

はじめまして。

現役ルート配送員のやせうまです。

はい

いきなり結論です!

楽な仕事をしたいなら

人と関わらない仕事を目指してください。

いきなりですがこれが結論です。

今現在僕はルート配送員として働いていますが、今に至るまでいろんな仕事を経験してきました。

甘い経験も苦い経験もいっぱいしてきましたよ(苦い経験の方が多かったですが・・・

そんな僕だからこそ断言できることがあります。

結局、人間関係が1番大事

僕は今の仕事をするまで、何度も転職を繰り返す人でした。

所謂、社会不適合者というやつです。

そんな社会不適合者でも、現在ではルート配送員として3年間仕事を続けることができており、やっと社会不適合者を卒業できたと思っています。

その社会不適合者を卒業できた要因として考えられるのが

人間関係が楽だったから

になります。

ちなみに下記が僕が今まで働いたことのある業種です。

  • 製造工場員
  • 配送員
  • 倉庫作業員
  • 介護
  • 接客業
  • 事務員
  • 設備管理系
  • 清掃系
  • その他諸々(バイト、派遣)

思い出せる範囲の僕の職種別転職歴です。

いろんな業界に飛び込んでみたはいいものの

どれも長続きせず、このすべてが人間関係が原因で辞めてます。

結論から言うと、ルート配送が僕のおすすめする仕事です

何度も転職を繰り返してきた僕ですら、ルート配送の仕事では、毎日苦痛を感じることなく仕事ができていて

おすすめポイントとしては

  1. 人と関わらない
  2. 給料そこそこ貰える
  3. 残業あんまりない

個人的には神三拍子です。

当サイトでは、
転職を何度も繰り返した元社会不適合者が

  • 自分に合ってる仕事の見つけ方
  • おすすめな楽な仕事
  • 転職を成功させる方法
  • ルート配送が楽な理由や物流業界について
  • 学歴や経験がないけど大丈夫?

などを主なテーマとして

楽な仕事」に特化したリアルな転職情報を発信していきます。

やせうま
やせうま

働きたくないけど「働かなきゃ!」って思ってる人の助けになれれば嬉しいッス。

詳しい経歴はこちら

[楽な仕事とは?]楽な仕事の特徴って何?

仕事に対して「やりがい、夢、目標」などが明確な場合は、仕事選びもそこまで悩まないと思います。

しかし

このページにたどり着いたということは「とにかく楽な仕事がしたい」という気持ちが強いのではないでしょうか?

かく言う僕もその一人です

だからこそこの項目を設定しました。

そもそも「楽な仕事」ってなんやねん!

そんなんあるわけないやん!

と思った人、よく聞いてください。

楽な仕事はあります

「仕事=苦しいこと」と思っているならそれはまだ、楽な仕事を知らないか、出会ってないだけです。

「そんなこと知ってるよ!」って人はこの項目はすっ飛ばしてください。

そもそも楽な仕事ってあるの?→→あります

結論としては楽な仕事は存在します

楽な仕事なんてない!仕事はきついもの! とよく言われてますが

仕事を楽しんでいる人」に出会ったことはありませんか?

僕自身、職場の人間関係が原因でたくさん転職をしてきましたが、今の会社に入ってからは仕事を楽しいと感じています。

なので、世の中には仕事を「楽」「楽しい」と感じている人が居るのも事実です。

当たり前に聞こえるかもしれませんが、仕事選びで最も重要な事は自分にとっての優先順位を明確にすることです。

  • 周りがどんどん就職や転職が決まってる
  • 自身の年齢に対する焦り
  • 家族や友人からのプレッシャー

これら気にしすぎて焦って仕事を決めるとマジで後悔します。

お金を得ないと生活ができないという事実がある以上、仕事は続かなければ意味がありません

さらに、転職活動は思っているよりもエネルギーを使うものです。

何度も転職を繰り返すのは精神的ダメージを蓄積してしまうのでめちゃくちゃしんどいです。

なので

仕事選びの際は自分が最も優先したいことに関してはこだわって下さい

やせうま
やせうま

「仕事=人生」と言っても過言じゃないくらい仕事選びは重要ッス。

「体、心、金」どれを優先しますか?

楽な仕事」を探すにあたって条件として次の3つのどれかに必ず行きつくことになります。

  • 身体的な負担の少なさ
  • 精神的な安定
  • 経済的な安心

簡単に言うなら「体、心、金」のどれを優先しますか?

ってことです。

僕個人の意見では「精神的な安定」を優先させることが「楽な仕事」への近道だと思っています。

ですが

  • 体力に自信がない
  • 些細なことを気にする性格
  • 経済的に切羽詰まってる

など

人によって優先するべきことは絶対に違います。

だからこそ、自分にとっての優先順位は明確にしてから転職活動をすることをおすすめします。

やせうま
やせうま

優先したいことが分からない人は精神的に楽な仕事を選ぶことをおすすめするッス!

大前提として、身体、精神、金銭的にすべてが納得のいく仕事は99%無いってことは超ジョブホッパーの僕が断言しておきます。

やせうま
やせうま

「体、心、金」すべて安定してる仕事があるなら教えてください。

僕が転職するッス!

楽な仕事の見つけ方

自分にとって優先したいことが決定したら、実際に楽な仕事を探す手順に入りますが

当サイトでは

楽な仕事」=「精神的に楽な仕事」と定義付けて話を進めていきます。

やせうま
やせうま

僕自身、精神的に楽な仕事を探すのが最も難易度が高くも重要なことだと思ってるからッス。

なぜなら

行動力さえあれば、転職先の肉体労働の有無大体の給料は事前に把握できまるからです。

具体的には

  • ネット検索(クチコミや評判)
  • 求人票や会社情報を調べる
  • 実際に面接に行って質問する

これらの行動だけで、転職先の肉体労働の有無大体の給料は把握できますよね?

しかも無料で。

言い換えるなら、「」「」を優先したい人は行動力を高めれば、希望の仕事にたどり着く確率は高くなります

それに対して、「精神的に楽な仕事」って、ものすごく曖昧だと思いませんか?

  • プレッシャーを感じない
  • 忙しすぎず、暇すぎない
  • 嫌味、悪口などのストレスがない
  • パワハラ上司がいない

この辺が「精神的に楽な仕事」の条件に入るかと思いますが、こんなの求人のどこにも載ってないし面接時にもなかなか聞けないですよね。

そして、これらの条件を決める要素は職場の人間関係によってほぼ決まります。

そうなんです

努力や行動量ではどうにもならないんです。

つまり

入社してみないとわからないということです

[独断と偏見]楽な仕事かどうかは人間関係で決まる

結論から言います

楽な仕事に就きたいなら

  1. 人間関係が良好な職場
  2. 人と関わらなくても成立する仕事

上記の二択しか選択肢はありません。

選択肢は二択になりますが

人とあまり関わらなくても成立する仕事をはじめから選ぶことをおすすめします。

なぜなら

人間関係が良好な職場かどうか」を転職活動中に見抜くのはほぼ無理だからです。

さらに踏み込むと、人間関係が良好な職場なんて99%存在しません

なので、実質一択です。

やせうま
やせうま

たくさん転職してきた僕でも人間関係が良好な職場にまだ出会ったことはないッス。

仮に、人間関係が良好な職場があったとしても、そんなレアな職場は人が辞めないので滅多に求人が出ません。

なので、始めから人と関わらない仕事にこだわって転職活動するのをおすすめします!

転職しまくった僕が1番楽だと感じた仕事はルート配送

何度も転職を繰り返してきた僕が最もおすすめする仕事はルート配送です。

  • 仕事を覚えるのが楽
  • 基本残業無し
  • 人と関わる時間が少ない
  • 必要な資格や学歴、年齢がゆるい

ルート配送おすすめポイントは他にもありますが、上記が最も僕がおすすめしたいことです。

さらに、個人的な話になりますが、人間関係が原因で職を転々としていた僕ですら毎日苦が無く仕事に取り組めています。

僕のような社会不適合でも頑張れば続けることができる仕事なんです!!

やせうま
やせうま

僕は、上記の特徴を持った仕事はルート配送以外思いつかなかったっス。

  • 複雑な仕事内容にはついていけない
  • 残業したくない
  • 人と関わりたくない
  • 学歴や資格を持ってない

このような人にはマジでおすすめです。

もちろん向き不向きはあるので、ルート配送にこだわる必要はありません。

向いてない人に対してルート配送をすすめするつもりは全くなく

重要なのは

人と関わらなくても成立する仕事を選ぶことです。

ルート配送について詳しく知りたい人ははこちらから

ルート配送のメリットデメリット

ルート配送は僕のおすすめの仕事ですが、当然デメリットもあります。

ルート配送のデメリットが妥協できない場合はルート配送の仕事はおすすめしません。

以下、ルート配送のメリットデメリットの比較です。

メリットデメリット
基本残業がない高収入は難しい
ルートが固定なので覚えるのが楽ルートが固定なので飽きる
普通自動車運転免許のみで働ける場合があるスキルアップが難しい
収入が安定してる

ルート配送のメリットデメリットはまさに表裏一体で、メリットはデメリットになり得ます。

  • 残業が無く早く帰れる(メリット)→残業分が稼げない(デメリット)
  • ルーチンワークで覚えやすい(メリット)→毎日同じは飽きる(デメリット)

やせうま
やせうま

こんな感じで、人によってはメリットをデメリットに感じることもあるっス。

どのようなな労働条件や環境を求めているかによっては、ルート配送をおすすめしない場合もあるので仕事においての優先順位は明確に!

人と関わるのが苦手な人は運送業界がおすすめ

運送業の仕事は、飲食品、生活雑貨や、ガスや燃料など、様々なものを運搬するサービスを提供している業界です。

ルートが固定かどうかや、運ぶ物の違いはありますが、基本的に物流ドライバーの仕事内容に差はあまりなく、物を運ぶのが仕事です

たかしくん
たかしくん

僕のおすすめしているルート配送も運送業界に分類されてるっス。

なぜ運送業がおすすめ?

そもそも、運送業の仕事の特性上、他の仕事と比べて、人と関わる時間は絶対に短いです

なぜなら、トラックに乗ってしまえば1人になれるから

結論、人間関係が楽なんです

運送業界に向いてる人と向いてない人

これはズバリ、車の運転が好きor得意な人は運送業界に向いていると言えます。

反対に、車の運転が嫌いor苦手な人は運送業界には向いていないと思います。

やせうま
やせうま

僕個人の意見としては、車の運転が苦にならないと感じるなら向いてると判断してもいいと思うっス。

世の中で、仕事を楽しんでる人は少なく、ほとんどの人が「だるい」「めんどくさい」「辞めたい、休みたい」と思ってるでしょう。

でも、車の運転が苦にならないということは物流ドライバーにおいて仕事の時間の大部分が苦にならないってことになります

苦にならない仕事って当たりじゃね?

ってことが言いたいわけです。

さいごに

楽な仕事、について僕の持論をここまで話してきましたがいかがでしたか?

結構身に覚えがありませんでしたか?

全く共感ができなかったとしたならあなたは優秀な人です!

そのまま自分の思うままに生きてください。

逆に共感の嵐だったあなた!

あなたも優秀です!

優しくありたいと思うから人間関係に悩むのです

優しくない人は人間関係に悩みません。

人の痛みが分かる優秀なあなたが、あなたに合った職場が見つかりますように。